FX取引の際の、業者選びの大切さとバーチャルFXのすすめ

欧州金融危機による歴史的円高により、FXは注目を集めています。
取引をする際の会社選びはすごく重要で、ここのところでトラブルに遭っている方も少なくないようです。
だからこそFX業者を比較するのは大切なことだと思うし、口コミサイト等を参考にするのが大切だと思います。
業者選びの際に注目すべきポイントは、取扱単位とレバレッジだと、私は個人的に考えます。
さらに、手数料にも注目です。
そもそもFXがギャンブル扱いをされている風潮には、レバレッジ、つまり掛金を多くして大儲けをしようとする人が後をたたないからです。
10倍が一般的な賭け方とされているようですが、初心者の方には絶対におすすめしない取引です。
間違いなく大損して、挙げ句の果てはロスカット、強制退場の憂き目に遭うでしょう。
私がおすすめするのは、レバレッジを1倍にして外貨預金代わりにすることです。
そうすれば、過度の為替の変動に一喜一憂することなく、たとえ損をしたとえしてもダメージを被ることはありませんし、為替の回復を待てば良いのです。
外貨預金との違いは、売り注文(ショートポジション)といって円高になっても儲かる点ですが、その際はスワップ金利がマイナスになるので、それを承知のうえで取引されるといいかと思います。
私がFX取引を始めたのは昨年末からですが、おすすめはバーチャルFXで経済の勉強をしてから実際の取引をすることです。
バーチャルですから、架空取引であり実際のお金が動くわけではありません。
前述した売り注文が出来る点や、IFD取引など、教本でなんとなくでしか理解できなかった点も、実際の取引を経験すれば身近なものに思えてきます。
また、ここで是非実践すべきなのは無茶な取引を敢えてやってみるということです。
レバレッジを大きく賭けてみて実際のお金がどのように動くのかを知れば、FXの難しさがわかるはずです。
このように、FXを始める際は、業者選びとバーチャルFXによる勉強が大切だと、経験上思うのです。

FX参考サイト

サイトマップ