FXの3本柱

FX(外国為替証拠金取引)で稼ぐためには、次の3つが必要だと思います。

・資金管理
・ペイバックペイアウトの把握
・健全なリスクリワードレシオ

まず、資金管理ですが、どの程度のリスクを許容できるかということを考えるところからはじめます。
自分にとって、1万円しか負けることはできない、と考えるのであれば、それ以上は負けないような資金管理戦略を立てるわけです。
そこで必要になってくるのがリスクリワードレシオです。
リスクを1万円としたならば、リワードは1万円以上でなければなりません。
それを損小利大の法則といい、この法則を守らない限りはFXでは勝てません。
しかしながら、リスクが1万円としても、勝率が高いのであれば、リワード5000円を3回でもいいです。
またまた、そこで必要になってくるのがペイバックペイアウトの把握です。
今の相場では勝率が高いロジックでいくのか、はたまた勝率は低くても損小利大でいくのか、それを判断します。
その判断方法は、レンジ相場のときにレンジ対応のロジックで行えていればそれはペイアウトサイクルにあります。
しかし、レンジ相場もやがてトレンド相場に移行しますので、そういったときにレンジ対応のロジックで行っているとペイバックサイクルに移行します。
そのサイクルを感じ取り、トレンド対応のロジックに変えることでまたペイアウトサイクルに移行します。
ですので、FXで重要なのは要人の発言やニュースといったものではなく、どういったタイミングでエントリーをするのか、イグジットをするのか?ということや、自分はどの程度の損まで許容することができるのか?といったことになるかと思います。
総合的に考えてみると、短期取引長期取引をうまく使っていくことができるようにならなければ勝てないということにつながるかと思います。
トレンド相場の時には利益を最大限に追求するために中長期で持っておく。
レンジ相場の時には、そのリズムで淡々と利益を取っていく。
それが必要だと思います。

FX参考サイト

サイトマップ